忍者ブログ
たあいない日常と気まぐれな趣味を綴った自己満足雑記帳
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


おととい「ほんとにあった怖い話」観ました。

割と切ないエピソードが絡んでくるお話が多く、しんみりとした気持ちが怖さをやわらげてくれたため、夜中トイレに行けなくなるという事態は免れた

……ように見えました。



観た直後はただのエンターテイメントとして、怖さを楽しむ余裕がありました。

時間が経って落ち着いてくると、じゃあ自分がいざあの状況に置かれるとどんなもんだろう……と、いらん想像をし始めるのです。

「しんみりとした気持ちが怖さをやわらげた」と書きましたが、各話の怖いシーンだけを抜き出して考えてみると、今さらながら背筋の凍る感覚が襲ってきました。



さっきも風呂に入っている時、

そういや浴槽の排水溝から女性の髪の毛が見つかるシーンがあったなぁ……などと思い出したら、一気にそのお話の怖いシーンがダイジェストになって脳裏によみがえり、

とつぜん奇妙なうめき声が聞こえて来やしないか、

ガラス戸や窓の隙間から何か入ってくるんじゃないかと、あらぬ心配をつのらせ、


果ては視界の端で窓辺に何かがそこにいるのを認め、

「誰かがのぞいてるッ!」と思って恐る恐る振り向いたら、

何てことはないただの鉢植えだったりしました。


つい数分前も、自分で設定しといて忘れてたアラーム音に飛び上がるほど驚いたところです。



個人的に特に怖かったのは、「奇怪な最終バス」と「悪夢の十三日」ですかね。


耳にまとわりつく不可解な物音やうめき声、

逃げ場のない場所で追い詰められる絶体絶命の状況……。


しかも他のお話がある程度ハッピーエンドで終わったのと違い、この2編は恐怖を残したまま終わっていますからね……。

特に「悪夢の十三日」は、まだまだ恐怖が続く……下手すればバッドエンドが待っている的な終わり方。

あのラストカットが頭から離れません……。


途中TKOが出てきたときには、恐怖と緊張のあまりこわばっていた体がほぐれ、なんか一安心してしまいましたが(笑)。



余談ですけど、今回出ていた向井理って素朴なイケメンですねー。
演技も良かったし。

私はドラマをほとんど観ないから、俳優を好きになるのは珍しいことです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 恐怖! HOME アマゾン >>
最新記事
(10/10)
(10/02)
(10/01)
(09/24)
(09/23)
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[07/17 牛丸ゴン]
[07/13 那津子]
[02/13 牛丸ゴン]
[02/04 那津子]
[01/20 牛丸ゴン]
最新TB
プロフィール
HN:
牛丸ゴン
HP:
性別:
男性
趣味:
イラスト/漫画/音楽(J-POP・アニソン)/ゲーム/買物
自己紹介:
マイペースに生きています。
イラスト制作やラクガキが生き甲斐です。
ブログ内検索
バーコード
P R
忍者ブログ [PR]